集落の空き家を使った農村民泊。農業体験や滞在型旅行を呼び込む

春蘭の里/宿

No.0479

2021年03月29日更新

過疎高齢化の中、集落と地域文化を継承していくため、H8年 農家の有志7人が春蘭の里実行委員会を設立し、若者が戻ってこられるような地場産業をつくる取組を開始。地場産の素材に徹底的にこだわった農家民宿の運営とグリーンツーリズムに取り組み、修学旅行などの団体から個人客まで年間約3500人~5000人を迎える農家民宿群となっている。

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。