適度に喜怒哀楽のストレスを与える環境による,成長・発達

社会福祉法人平安養育院 児童発達支援センター むくの木園

No.0175

2020年12月23日更新

03_green

所在地 京都府
事例の種類
障がい児者の発達・暮らし・活動・就労支援
発達支援

一人ひとりのいのちと育ちを大切に,健康な体と豊かな情緒を育むことを療育の柱と位置づけ,「身辺の自立を目指す」「運動・感覚機能の助長」「社会性を養う」ことを目標に療育を行う。意図して適度に喜怒哀楽のストレスを与える環境とすることで,自分の限界や意思を知ること,思いを声にすることなどを学べるようにし,成長・発達を促している。

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。