認知症の人が「理解できる」住まい。グループホームの村をつくる

Hogeweyk(オランダ)

No.0368

2021年10月30日更新

認知症の人にとって「より高いQOL,より混乱が少ない環境」をコンセプトに,それぞれの入居者のライフスタイルをもとに各人が暮らしてきた住まいに近い環境を提供する。6〜7人定員の独立したhomeによる住棟,特徴のある複数の庭や街路,シアター,店舗,サークル室等々でひとつの街が構成され,そのなかで入居者は自由に外出し,支援を受けながら買い物や娯楽を楽しむ。

詳細レポートPDF
(全1件)

  • 0368.JIHa2017報告書_01Hogeweyk

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ