都市機能の集約と地元商店主の主体的な取組によるまちづくり

都市機能の集約と地元商店主の主体的な取組によるまちづくり 秋田県大仙市

No.1154

2022年03月26日更新

大仙市大曲、花火通り商店街では人口減少やモータリゼーションの発展の影響で来街者、店舗の減少が問題となっていた。中心市街地活性化基本計画による駅前に地域中核病院や認定こども園が集約したことを契機に,商店街の古い内蔵を特産品の販売とまちなか拠点施設(交流施設)「毎日大曲」にリノベーションすることで新たな人の流れを創出を目指している。

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ