まちなかの再活性化のための医療・福祉・生活施設の集約化

官民協働の中心市街地活性化「ルーバン・フラノ構想」 複合施設フラノマルシェ 北海道富良野市

No.1152

2020年12月26日更新

北海道富良野市では駅前エリアに立地していた富良野協会病院が移転したことにより未利用地の大量発生、それに伴うまちなか居住人口の減少、コミュニティの崩壊が課題となっていた。「ルーバンフラノ構想」は医療、介護、子育て、商業の機能とその滞留場所(フラノマルシェ)を駅前に集積するコンパクトシティ化事業であり、魅力的なまちと地域経済の底上げを目指している。

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ