聴覚に障害のある高齢者が安心・安全に 生活する住まい環境の整備

No.1194

2022年01月04日更新

09_white

所在地 北海道
事例の種類
高齢者の活躍と生活支援
サービス付き高齢者向け住宅

非常時を含め聴覚障害者に対する情報伝達を確実に行えるよう、音に加え、音に代わる光または振動による住宅の情報伝達設備を整備することで、一般者を対象とした住宅では得られない安心して住みやすい環境となり得る。また、手話を中心にコミュニケーションに配慮した住環境も整えつつ、各種事業と連携する、聴覚障害者対応のサービス付き高齢者向け住宅事業である。

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ