亜熱帯気候の沖縄の特徴を生かし、地域特有の植物を壁面や屋上に配置した庁舎

那覇市 市役所本庁舎

No.1908

2023年11月13日更新

那覇市のメインストリートである国際通りに隣接する官公庁街に立地し、那覇市役所本庁舎、教育委員会、銘苅庁舎の部局が入る総合庁舎である。旧本庁舎の老朽化、耐震不足が問題となったことから新庁舎の建設が計画され、新都心移転が検討されるが、中心市街地の活性化が優先されたため、現在地での建て替えが行われている。新庁舎のコンセプトを「花と緑があふれる庁舎」として、地元の建設会社である株式会社国建の国場幸房が設計を行い、2012(平成24)年に竣工する。亜熱帯気候である那覇のシンボルとなるよう、ひな壇状の屋上庭園や緑化ルーバーを施すことで積極的に緑化が図られ、深い庇とルーバーを外周部に配置して開口を開放することで通風や採光を十分に確保し環境負荷低減に配慮している。敷地内にはホウオウボク、フクギ、ハイビスカス、ブーゲンビリアなど約90種類の植物が育てられ、地域特有の花や緑があふれている。

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ