妻籠の伝統的な懸け造りを活かした宿泊施設

御宿 大吉

No.1598

2022年03月25日更新

所在地 長野県
事例の種類

日本初の重要伝統的建造物群保存地区の妻籠宿のにぎわいからほんの少し離れた街道筋にある民宿。通りから見ると平屋と見まがうそのたたずまいは,木曽には多く見られる懸け造りの二階建て。格子窓,くぐり戸,吊り灯籠,軒行灯,飾り棚など伝統とモダンが調和する木の温もりが,旅のひとときをより一層引き立てる。また,宿泊客同士がつながる場としての役割を果たしている。

詳細レポートPDF
(全1件)

  • 1598御宿 大吉_FS縮小

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ