視覚的な活動空間の明確化と個別の場所づくりによる環境改善

特定非営利活動法人ぷらちなくらぶ ぷらちな児童デイ

No.0174

2021年07月20日更新

所在地 東京都
事例の種類
障がい児者の発達・暮らし・活動・就労支援
発達支援

隣接する小規模多機能型居宅介護所などを含む,高齢者と障がい者の支援事業を行うNPO法人による放課後等デイサービス事業所。軽度の知的障がいや肢体不自由の児童・生徒が通う。住宅改修による当該事業所において,室内環境の環境改善を行い,全体的に穏やかな印象を目指しつつ,動的活動の空間は黄橙色,静的活動の空間は薄黄緑色をカラーコンセプトとしてスペースを視覚的に明確化した。また,動的活動と静的活動のスペースの分離,生活動線の設定,見守りがしやすい事務スペースの設定,などの“個別の場所”づくりを行った。

詳細レポートPDF
(全1件)

  • 資料 ぷらちなレポート

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ