若年者の地域包括ケアの入り口,他職種チームによるケースマネジメントの拠点

若年者ワンストップ相談センター SODA

No.1588

2022年03月10日更新

所在地 東京都
事例の種類
医療・保健と健康
ウェルネスコミュニティ拠点
コミュニティ・まちづくり・集いの拠点
オープンオフィス
社会的活動

SODAは,Support with One-stop care on Demand for Adolescents and young adults in Adachiの略。「精神障害にも対応した地域包括ケアシステム」の理念のもとでの,地域資源を活用した地域内での早期介入の仕組みを作るプロジェクトMEICISによる,「大都市対面型モデル」の若年者へのワンストップサービス型の相談センター。医療的な支援が必要な人に加えて,何らかの生きづらさを抱えている若者を対象に,多職種チームによる『問題に対する包括的な見立ておよびケースマネジメント』を行う。精神医療の先進国で,地域の中に設置されている医療・福祉・教育など各支援機関の橋渡しができるワンストップ型の相談センターをモデルにしている。洒落た飲食店などが立地する北千住らしい路地裏に,メンタルクリニックと合築で作られた,守られつつ開かれた拠点。明るい木の内装はカジュアルな雰囲気で,アクセスの敷居を下げている。

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。