健康への関心を育てる,古民家改修によるまちの拠り所と居場所

一般財団法人ひふみ会(まちだ丘の上病院) ヨリドコ小野路宿

No.1488

2021年03月11日更新

小野路は,都市郊外の宿場町である。医療機関として多くの生と死に向き合ってきた病院が,超高齢社会,多死社会を見据えて,地域の人々にとって本当に必要な医療のあり方を考えるなかで,地域とともにある医療の姿をつくろうとしているプロジェクト。宿場町の風情を残すまちなみに建つ古民家を改修し,裏山の自然も取り込んで,地域の日常の中に”医療”や”健康”を融合させる場所づくりを目指している。

関連リンク

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。