車の規制やコージェネレーションシステムで街独自の利便性を高める住宅地

ヴォーバン団地(ドイツ,フライブルク)

No.1122

2022年05月13日更新

いろいろな住まい

所在地 海外
事例の種類
交通・公園・商業・その他
一体再開発
いろいろな住まい
住宅地
団地
集合住宅地

ベルリンの壁崩壊以降の人口増加に伴い住宅地として開発された地区。交通政策として、住宅から離れた場所に駐車場・車道が整備され、住宅周辺の移動は徒歩や自転車に限定することで子供や住居者の安全が守られている。また街全体で緑化が推進され、トラム敷きや建物の緑化や樹木の保全が取り組まれている。住宅は全て集合住宅で構成され、コージェネレーションシステムによってエネルギー効率化を図る。

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ