これまでの地域活動を基盤として子どもから高齢者まで安心して暮らす団地再生

京都市養正市営住宅

No.0990

2022年05月13日更新

住宅の老朽化・新耐震性能の不足や入居者の少子・高齢化に対応するため建物更新を契機とした団地再生を推進する。そのコンセプトとして、祭りや子ども食堂などのこれまで地域で取り組んできた活動を基盤としつつ、子どもから高齢者まで多世代を対象にしたまちづくりを掲げている。また、地域拠点となる立地やまちの資源を活かし、市営住宅の住民の利便性向上に留まらず、周辺地域の活性化につなげ、まちの玄関をつくることを目指す。

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ