空き家化した集落を再生した,分散型ホテル 

アルベルゴ・ディフーゾCasa delle Favole

No.0927

2020年12月27日更新

Casa delle Favoleはエミリア・ロマーニャ州ピアチェンツァにあるイタリア発祥のアルベルゴ・ディフーゾ(分散型ホテル)である。1960~1970年代にかけて荒廃してしまった祖父母の村を復興させようと,現オーナーが空き家を順次買い取って改修し,開業した。現在,宿泊棟など11軒の家が半径200mの中に分散し、最大45名の宿泊が可能である。河川敷の広場や遊歩道,畑などが整備され,多様なアクティビティができる。

詳細レポートPDF
(全1件)

  • 0927.アルベルゴ・ディフーゾCasa del favole(イタリア)

関連リンク

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ