難病児と家族を民間寄付で支える日本初のコミュニティ型こどもホスピス

公益財団法人こどものホスピスプロジェクト あそび創造広場TSURUMIこどもホスピス

No.0847

2021年07月05日更新

生命を脅かす病気(LTC)の子どもの学び、遊び、憩い、やってみたいと思うことを叶え、その子の「生きる」を支え、家族みんなで安心して過ごせる「第2のわが家」。「6つの家」を「道の空間」によって繋ぐ分棟構成とすることで、家のようにくつろげる空間でありながら多彩な空間や居場所があり、繋がりの持てる村のような場を創出した。「道の空間」は周囲の原っぱ「あそび創造広場」まで繋がり、広く市民に開放し難病児が地域の子どもと共に遊び、家族が地域住民と日常的に触れ合う地域交流の拠点となることを目指す。

詳細レポートPDF
(全2件)

  • 1.2 TSURUMIこどもホスピス_事例報告・スキャン02

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。