低層で色鮮やかな壁面が個性的な、教科センター方式を採用した中学校

聖籠町立 聖籠中学校

No.0775

2022年04月26日更新

所在地 新潟県
事例の種類
教育・文化
中学校

2村合併した新潟県聖籠町では、町民・教職員一体となり地域ぐるみで中学校づくりに取り組んだ。積雪対策のための緩やかな勾配屋根や、空に突き出した望楼と塔屋は外観のアクセントとして心象風景の一つになっている。新潟県で初めて教科センター方式が採用され、生徒の生活拠点となるホームベースはアットホームな自分の居場所となる。教科ごとに特色のある専用教室が交互に見通せて重なり合うように構成されている。

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ