蚕糸試験場跡地を利用し,防災拠点として公園と一体化した小学校

杉並区立 杉並第十小学校

No.0770

2022年03月26日更新

所在地 東京都
事例の種類
教育・文化
小学校

旧蚕糸試験場の移転跡地を利用し,学校施設の開放など様々な観点から行政と地域が一緒に検討することで,防災拠点として豊かな自然のある公園と一体となった小学校が建設された。学校施設への出入りが自由なため,職員室や事務室から開放している施設が見渡せるような配置とし,校舎への部外者の侵入を防ぐことに重点を置いた。オープンプラン型の最初期の事例で,教室の前に動線空間を兼ねる広いオープンスペースがあり,教室外テラスとも連続した利用ができる。

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ