住み慣れた地域で最期まで暮らせる、民家を活用したターミナルケア施設

認定特定非営利活動法人ホームホスピス宮崎 かあさんの家霧島

No.0580

2022年04月26日更新

施設でもない住宅でもないもう一つの居場所である。民家を活用し、高齢や病気のため自立生活が困難になった方たちとともに少人数で最期まで暮らしていく『とも暮らし』の家である。介護スタッフは、暮らしのパートナーとして24時間常駐して見守り、生活を支えている。身体状況に合わせて、かかりつけ医の往診(在宅療養支援診療所)、訪問看護ステーション、訪問歯科やその他のサービス事業所と連携して支え、望めば最期まで過ごすことが可能である。

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ