全面ガラス張りでバリアフリーの芸術・文化様々な用途が詰まった先駆的な複合拠点

公益財団法人 せんだいメディアテーク

No.0427

2021年10月14日更新

05_pink

所在地 宮城県
事例の種類
教育・文化
文化施設

日本で時代に先駆けて、ギャラリーや図書館、音響・映像メディアなどの文化空間を複合し、すべての人が障害や言語・文化を超えて利用できるよう配慮された複合拠点である。建築全体は、13本の鉄骨独立シャフトと7本のハニカムスラブで構成し、各階開放的で異なる平面計画を採用している。また、設備を考慮したガラス張りの窓面や内部の「チューブ」により、館内に自然光を取り込み、全体を明るく設えている。

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ