市民農園運動のコミュニティと旧木造校舎を改修した複合型施設

シラハマ校舎

No.0461

2021年09月28日更新

閉校した旧幼稚園・小学校の木造校舎が、リノベーションにより、オフィス、宿泊、レストラン等の複合型施設へと生まれ変わった。房総地域の特徴であるマキノキの生垣に囲まれた「無印良品の小屋(住宅群)」が立ち並び、独特の景観を作り出している。コミュニティの根底には市民農園運動の考えがあり、宿泊者は一定のコモンセンスを共有しながら、各々が望むように自然と向き合い小屋での時間を過ごす。多拠点居住のモデルとして注目されている。

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ