ニュータウン商店街の空き店舗に開かれた,まちの居場所

ひがしまち街角広場運営委員会 ひがしまち街角広場

No.0411

2021年09月01日更新

0411.ひがしまち街角広場

所在地 大阪府
事例の種類
コミュニティ・まちづくり・集いの拠点
コミュニティカフェ

ニュータウンでは,住民たち自身の手による等身大の居場所が求められていた。ひがしまち街角広場は新千里東町の近隣センターの空き店舗を改修した、ふらりと立ち寄れる場所を目指すコミュニティカフェである。初期は社会実験として開かれ、その後、自主運営でボランティア団体が運営している。多様なまちづくりや住民の関係づくりの起点としても多大な役割を果たしてきた場である。

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。