地域のニーズに対応しようと始まった共生型施設

有限会社かいご家 宅幼老所 かいご家

No.0293

2021年03月30日更新

もともとは宅幼老所として運営していたが,障害者支援のニーズが地域に多く,それに応えようと場所を移して共生型施設とした。外観は一般的な戸建て住宅だが、内部は食堂を囲むように各居室が配置され、法廷事業として共生型施設の基準に対応するため、トイレを分ける等のハード面の工夫がされている。利用者一人ひとりを大切にし、それぞれの居場所を作り出す家庭的な場となっている。

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ