環境づくりが幾重にもなされ,地域とのつながりのもとで昼間の家族を目指す

社会福祉法人仁慈保幼園 仁慈保幼園

No.0259

2022年03月26日更新

所在地 鳥取県
事例の種類
こども・子育て支援
保育所

「昼間の家族を目指してそれぞれに,そして,一緒に」を保育方針とする。丸みの帯びた屋根とコの字型の建物が特徴的であり,内観は木の温もり溢れるアットホームな雰囲気に包まれている。日々の保育の記録や,子供たち自身の発意による様々な活動が空間に反映された,環境づくりの素晴らしい実践例。特別保育事業として老人保健施設や高等学校との交流を行っており,地域との関わりや交流を通すことで,子どもたちの成長を促している。

関連リンク

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ