公民連携による,補助金に頼らない稼ぐインフラと公共施設整備

オガール紫波

No.0075

2020年12月28日更新

芝生の広場を飲食店や物販店舗,診療所,体育館,宿泊施設,図書館,町役場,サッカー場、スポーツジム,美容院,レンタルスペース等が囲む,まちの集約的拠点。都市と農村の暮らしを「愉しみ」、環境や景観に配慮したまちづくりを表現する場にすることが理念。「ピンホールマーケティング」により、紫波町やオガールの特色を生かしながら、新しいライフスタイルを提案している。

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。