入居者の生活が守られながらそれぞれの生活空間が緩やかにつながった特別養護老人ホーム

社会福祉法人 伯耆の国 特別養護老人ホームゆうらく

No.0058

2021年10月20日更新

所在地 鳥取県
事例の種類
高齢者の活躍と生活支援
特別養護老人ホーム

地域のコミュニティ施設や公共施設に似た造りで、基本理念のもと入居者はもちろんのこと職員に対する配慮も最大限に行っており、それぞれの生活へ気が配られている施設運営を行っている。入居者個人の生活が守られる一方で,それぞれの空間が緩やかに繋がっていることで孤立している印象は一切受けない工夫が見られ、さらに周辺環境と溶け合うような外観デザインも魅力的である。介護支援の機器を積極的に導入し,シニアスタッフの働き易さにも配慮している。

関連リンク

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ