山並みで囲まれた棚田形状を生かした、地産地消の医療建築

伊万里有田共立病院

No.0200

2021年07月14日更新

所在地 佐賀県
事例の種類
医療・保健と健康
病院

佐賀県では、古くから「やきもの」が伝わる。その伝統的な伊万里市の地域産材をモチーフとした建築デザインである。また、非常時にも医療提供可能なエネルギーシステムを有し、基幹病院として災害時への対応もある。敷地は、伊万里市と有田町の境に位置し、地形を生かした外形計画には、自然のエネルギーを利用可能にする仕組みが構築されている。

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ