子供達の異なりを大切に考えた障がい児デイサービス兼認可保育園

社会福祉法人愛川舜寿会 カミヤト凸凹保育園

No.1672

2022年04月19日更新

住宅街の中に伽藍形式で展開された障がい児デイサービス兼認可保育園。中庭を囲むロの字型の縁側にはガラス張りの内装が隣接しており、子供の興味を主体とした保育環境となっている。子供達の異なりを大切に考え、0歳から18歳までの異なる年齢の子どもたちが回廊型の園で自然に混じり合い、存在を認め合い、共に遊び、相互に響き合う保育環境であることを大切にしている。

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

この事例を⾒た⼈はこちらも読んでいます

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ