奈良井宿の古民家改修によるギャラリー兼宿泊施設

花と休息 wakamatsu

No.1856

2022年03月26日更新

所在地 長野県
事例の種類
宿泊施設・拠点
まちなか拠点

1843~1855年(江戸時代末期)の建築と推定される,「太田家住宅(屋号・若松屋)」の改修によるギャラリー兼宿泊施設。奈良井宿には暮らしていない所有者から市振興公社が利活用の相談を受け,公募による利活用希望者募集・選定の古民家再生プロジェクトの第一号として行われた。運営者夫妻も移住者で,宿場町の維持・活性化に寄与したいとの思いでの活動である。花道家/デザイナーの夫妻が一日一組限定で,日々の暮らしのなかで「ふと足を止めることができる」場所をつくっている。

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ