要保護者が被災地域への帰還を待ちながらも安心して生活できるよう木造化に特徴を持つ「仮施設」

福島県社会福祉事業団 救護施設 福島県浪江ひまわり荘

No.1651

2022年03月24日更新

障がい児者

所在地 福島県
事例の種類
障がい児者の発達・暮らし・活動・就労支援
障がい者の施設入所支援

身体や精神の障害があり,経済的な問題を含めて日常生活を営むことが困難な要保護者に生活扶助を行うことを目的とする「救護施設」である。東日本大震災以降,他の施設敷地内のプレハブ施設に避難していたが,2020年,施設の老朽化に伴い当施設の入所者が浪江町に帰還するまで安心して生活できる事を目的に整備された仮施設の位置づけである(2021年4月開所)。

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ