地域創生・アート・テクノロジー・ビジネスの拠点となる新しい路地

花園アレイ

No.1571

2021年10月20日更新

東京大学と東京藝術大学との間に位置し,路地の多い町・池之端の生活を支え続けてきた赤札堂社員寮を,路地(alley)と長屋の関係を再生するように,オフィス・ギャラリーへと改修し​,起業家・アーティスト・地域が交わる施設とした。5階にある3室はアートスペースとして独立・連携しており,藝術・技術・事業の垣根を取り払ったイベント・ワークショップ・展示等を実施している。

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ