高齢者介護・看護の複合機能と地域の緩衝帯となる囲い庭が特徴

社会福祉法人すこやか福祉会 TPGケアテラスよまき

No.1572

2021年07月13日更新

「TPGケアテラスよまき」は地域の福祉拠点として計画された小規模多機能サービス、訪問看護ステーション、訪問介護ステーション、ケアステーションの複合施設である。長方形のシンプルな平面構成に、「囲い庭」と名付けられた半屋外空間を埋め込むことで、複合された諸機能と地域の緩衝帯となることが意図されている。

詳細レポートPDF
(全1件)

  • 1572.ケアテラスよまき(日野雅司先生)_全体

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。