乳幼児、高齢者たちの中で地域団体も集える新しい形の複合福祉施設

社会福祉法人京都老人福祉協会 墨染まちとくらしセンター

No.1563

2021年09月01日更新

墨染まちとくらしセンターは、社会福祉法人によってこどもから高齢者まで地域に暮らすすべての人の共生拠点、地域の課題を把握し、協同で解決する連携拠点を目指して建てられた施設。支援を受ける側・する側、地域団体やまちづくり関係者が集い、地域の課題も議論する場も持つ新しい形の複合施設である。何より乳幼児のにぎやかな声のある環境がそこに集うすべての人を元気にする。

詳細レポートPDF
(全1件)

  • 3-1.②事例報告墨染まちとくらしセンター0701京都大学吉田プレス品質

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

この事例を⾒た⼈はこちらも読んでいます

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ