空き家店舗の活用。一箱本棚オーナー参画を募る完全民営の図書館

みんなの図書館さんかく

No.1466

2021年03月30日更新

人口減少やスポンジ化が進む駅前商店街の空き店舗を活用し,月額制の本棚オーナーの仕組み「一箱本棚オーナー制度」によって家賃や水道光熱費など拠点の維持に係る最低限の経費を「自ら稼ぎ」,本を中心とした新しい自律的なコミュニティをまちにつくる。「住みたいまちを自分たちでつくる」の思いのもとで取り組まれているまちづくり活動や事業の一環として,共通の関心について語り合う「公共圏」を私設公共空間としてつくろうとしている。

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ