森の牧場と隣接する,戸建風の住宅群が中庭を囲むCCRC拠点施設

ゆいま~る那須

No.0083

2021年08月18日更新

居住者の住まい・活躍の場、医療・介護ケア・交流・移住促進と多様なプログラムが組み込まれたサービス付き高齢者向け住宅。希望者が建物の企画段階からその構想の立案に関わり,住み替え後も「参加型の運営」で住民が運営に関わる。居住者のアクティビティを前提とし,事業が主体となってプログラム設計,建築設計を行った事例である。日本版CCRCモデル事業として最初期に選定された事例の1つ。

詳細レポートPDF
(全1件)

  • 083.ゆいま~る那須_2017榎村(済)

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ