ユニット間に共有の小リビングなど、行動選択ができるグループホーム

社会福祉法人 新生会 もやいの家瑞穂

No.0110

2022年03月16日更新

9人ずつの2つのユニット間に利用者が選択できる小リビングや天井高1.8mの低い部分などのしつらえを工夫することで、1つの空間が集団的な支援になることを防いでいるグループホーム。1階には地域交流スペースを備えたデイサービスがある。また、豊かな街づくりに貢献することを目的とした地域交流スペースでは、介護予防拠点の役割も担っており、介護・医療を通した地域に根付いた施設作りを目指している。

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ