二間構成の個室とクラスター型居室配置のユニット。まちのような全体配置が特徴の特養

社会福祉法人 東城有栖会 風の街 みやびら

No.0063

2021年08月28日更新

山に囲まれた敷地に建つ平屋の特別養護老人ホーム、ショートステイ、認知症対応を含むデイサービスの施設。自分の住宅で暮らすような生活の場をつくることを目指している。敷地にはゲートが無く、広場や桜並木の遊歩道などの屋外空間を地域の人々と共有できる。居室は二間構成で建具の開放により茶の間や居間と連続的に繋がれる構成になっており、内装の木の壁と梁は温かい雰囲気を醸し出している。

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ