戦前の民家を活用した地域とのつながりを持つ施設らしくない家

小規模多機能ほのぼの旭ヶ丘の家

No.0112

2022年03月16日更新

戦前の民家を活用し、一部を改修・増築していることで家らしさを出している。また、続き間、庭、縁側といった要素があることやすべてが新品でないことも居心地のよい施設らしくない家の要因となっている。改修によりこの家が存在していることから地域とのつながりや思い出が継承され、地域活動の拠点としても親しまれている。

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ