ランドスケープと一体化した建物、生産・加工・販売の拠点

たねやグループ ラコリーナ近江八幡

No.1010

2021年08月31日更新

緑一面の前庭を介して、ゲートの役割をもつメインショップにアプローチする。オブジェのような特徴のある事務所や菓子店、カフェ・レストラン、製造業の文化・歴史などの展示空間などが曲がったり節のある材木が列柱上に連なる回廊で結ばれ、築山を置くに配した地形とともに、中央の田んぼを囲んでいる。メインショップなどの屋根は一面が芝で覆われており、周りのランドスケープと一体化し、季節の移ろいと共に印象が変化する。自然への違和感や温かみのある空間では、農業から製造、客との直接的な関りまでが一体的に体現されている。

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ