「生活の場・交流の場」2つの役割を持つ、次世代型の老人ホーム

社会福祉法人丹緑会 介護付有料老人ホーム新(あらた)

No.0878

2021年06月08日更新

介護付有料老人ホームの他に、誰もが利用できるカフェや工房、キッズルームなどが整備され、生活の場としての機能の他に、交流の場としての役割を持ち「わくわくする新たな暮らし」が広がる、次世代型の老人ホームとして運営されている。建物は木造で、広い・狭い・明るい・暗いなど、性格の違う場所がつくられ、利用者それぞれが好きな場所を選び生活できるように計画された。

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。