3人の建築家がそれぞれ建替えた住棟を歩行者専用のプロムナードが繋ぐ

熊本市営託麻団地

No.0849

2022年05月13日更新

所在地 熊本県
事例の種類
いろいろな住まい
公営住宅
団地
交通・公園・商業・その他
公園・緑地

1960年代に建設された低層団地を3人の建築家(坂本一成+長谷川逸子+松永安光)が協同し、それぞれ異なるプロセスで設計した住棟を約4haの敷地に混在させている。団地中央を縦断する歩行者専用のプロムナード(中央緑道)が、住民の憩いの場を提供しながら住棟と団地内を緩やかに連続させ、デザインの異なる住棟を連結している。

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ