司馬作品との対話あるいは自分自身との対話を通じた思考のための空間

司馬遼太郎記念館

No.0819

2021年06月04日更新

所在地 大阪府
事例の種類
教育・文化
博物館

司馬遼太郎の自宅と,その隣接地に建つ地下1階,地上2階の記念館で構成されている。記念館は,ゆるやかな曲線を描くシンプルな構造で,雑木林風の庭の小径から窓越しに,司馬遼太郎の書斎を間近に見られる。来館者が,展示品を「見る」,というより「感じる」「考える」空間であり,高さ11メートル,3層吹き抜けの約2万冊が収まる大書架からは,司馬遼太郎の精神を感じられる。

詳細レポートPDF
(全1件)

  • 司馬遼太郎記念館パンフレット

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ