ブックカフェと書店が複合された,民間企業を指定管理者とする図書館

武雄市図書館

No.0807

2020年12月27日更新

既存図書館の改修により,開館時間の延長,閉架書庫収蔵本を開架に移す,蔦屋書店やスターバックスコーヒーの出店などで市民価値を向上させる。居心地の良さや利便性等から利用者数は増加したが,インテリアとしての本の扱い,公的図書館に広く採用される日本十進分類法とは異なる蔦谷書店独自の「ライフスタイル分類」書架配置など,従来の公立図書館とは一線を画す運営で物議を醸した。

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ