小学校の廃校舎と体育館を利用した,宿泊機能付き道の駅

道の駅保田小学校

No.0798

2020年12月28日更新

千葉県鋸南町は農林水産物の販売や6次産業化を通じた農林漁家の経営安定を目指す学校としての役目を終えた小学校を新たなコミュニティの核、地方創生の拠点として再生した,道の駅「保田小学校」を開設している。農林水産物の販売や6次産業化を通じた農林漁家の経営安定、自然・文化・歴史など町の観光や食の情報などを発信し、都市と農山漁村の交流活性化の拠点として活用している。。

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ