「地域のケア付き住宅」をコンセプトに,連続性/独立性の高いユニットの混在が特徴

社会福祉法人きらくえん 特別養護老人ホームけま喜楽苑

No.0551

2021年10月30日更新

所在地 兵庫県
事例の種類
高齢者の活躍と生活支援
特別養護老人ホーム

設計の指導監修者,外山義氏は、入居者の特養での生活について、「空間」「時間」「自由度」「言葉づかい」「役割喪失」の5つの落差が問題だと指摘し、特養を収容施設ではなく「自宅でない在宅」という選択肢の一つとして再制度化した。当事例は,「地域のケア住宅」をコンセプトに,地域に開かれ,かつそれぞれの個別的な生活の拠点としての個室と共に住まう場としての共用空間が象徴的に設計された特養ホームである。全室個室とユニットケアが先駆的に採用され、連続するまえ-なかユニットと,独立したおくユニットにそれぞれ平均8つの個室が設けられている。

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ