幼保一元化の先駆的事例。フィンガープランの園舎は中庭を抱き込む

掛川市立乳幼児センターすこやか(現在は掛川市立すこやかこども園)

No.0608 (2021.3.8 先方からの依頼により非公開/要注意/理由:見学日時が古いため)

2021年07月23日更新

02_yellow

所在地 静岡県
事例の種類
こども・子育て支援
認定こども園

掛川市で唯一の公立認定こども園で,認定こども園に先駆け総合施設として運営された先駆的事例。1保育園・2幼稚園を再編する形で作られた。同年齢の交流を基盤にしながら、0~ 5 歳児の異年齢児交流によるふれあいも大切にしている。また園舎内に子育て支援センターを設け、子どもとその親から毎日相談を受けられる体制を整えている。

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。