古民家を活用した,日本の暮らしを体験できる集落まるごと宿泊施設

丹波篠山の宿 集落丸山

No.0345

2021年03月31日更新

開業当時4世帯であった集落の3棟の空き家を持ち主から借り受け、有志からの出資や補助金をもとに改修した実験的・先駆的事例。築150年の古民家で「日本の暮らし」を体験できる,オーベルジュ型宿泊施設として運営を始めた。朝食・夕食・宿泊棟は分かれており、滞在中は農業体験などの里山アクティビティを楽しめる。多くの人々を呼び込み、集落の活性化にも繋がった結果「集落再生した村」と言われている。

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ