健康まちづくりに向けた多世代交流拠点整備

No.1205

2020年12月11日更新

健康まちづくりに向けた多世代交流拠点整備

所在地 神奈川県
事例の種類
いろいろな住まい
政策・事業

相武台団地内商店街の空き区画を活用し、地域包括支援センターや地域内福祉事業者及び大学等と連携した介護予防の場と多世代交流の場を整備し、介護予防中心の基準緩和通所型サービスや多世代交流広場とし、高齢者の引きこもり防止や見守り機能、介護予防、地域内雇用創出の機能を設け、多世代を巻き込んだ地域活性化に繋げる事業である。

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。