「人間と環境の関係」に着目し,広義の環境のあり方を考える

「環境行動」参考文献リスト

No.1607

2021年10月08日更新

IMG_E4658

所在地 その他
事例の種類

EDRAによる定義:「環境デザイン学とは,人間とその周囲のあらゆるスケールの物理的環境の相互関係を研究し,得た知識を,環境の政策,計画,デザイン,教育に活かし,生活の質を向上させるため,実際に適用する.物理的な環境のシステムと人間のシステムの相互依存性に着目し,環境的な要因と人間的な要因の双方を扱う.(「環境デザイン学入門 ENVIRONMENTAL DESIGN RESEARCH DIRECTIONS(1985原書,1997邦訳)」1章・Gary T. Mooreら) 」 
日本建築学会・設計方法小委員会の定義:「環境行動デザイン研究は,人間とあらゆるスケールの物理的環境との相互作用を研究し,得られた知識を,環境の政策・計画・デザイン・教育を通して,生活の質の改善のために応用する.(「人間-環境系のデザイン(1997)」2章2節・舟橋國男) 」 

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。