コンパクトシティの核となる,市役所・図書館・交流センター複合施設

こもろプラザ

No.1515

2021年04月02日更新

庁舎・図書館・コミュニティセンターの複合施設で,隣接する病院(小諸医療センター)を含めて3棟でメインアプローチとなる市民広場を囲む。敷地の高低差を活かし,隣接する公園と一体になるアプローチとランドスケープが設計された。街区全体が,市が推進するコンパクトシティの核となる公共集約の事例である。庁舎,図書館棟ともフロアを細かく分割しない一体的空間として整備され,将来の変化にも対応する。市民ワークショップが積極的に行われた事例としても注目される。

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

この事例を⾒た⼈はこちらも読んでいます

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ