大谷石採掘の歴史を伝える資料館と採掘場跡の大規模地下空間

大谷石資料館

No.0821

2021年10月14日更新

05_pink

所在地 栃木県
事例の種類
教育・文化
博物館

江戸時代に栄えた宇都宮市内で採掘される大谷石は、教会や民家の塀など多くの場所で、使用されている。この大谷石について、採掘の方法や道具などを伝える資料館である。館内地下にある採掘場跡は、約70年かけて大谷石を採掘して出来た地下空間で、広さは約20000m?にも及ぶ。戦争中には工場や貯蔵庫に使われ、現在は空間の魅力を生かして演劇の公演や映像作品のロケ地などとしても使われている。

関連リンク

ハッシュタグが似ている
事例があります

注意・お願い

!本ページ内の情報は,現状とは異なる可能性があります。

!レポート記事や本ページ掲載内容について,事例への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

医療福祉系の事例を多く掲載しています。各事例先から,当サイトページのみでの掲載許可を得ています。そのため,このサイトの情報・写真などのコンテンツを無断で複写・複製・転載することを固く禁じます。

詳細はこのサイトについてをご覧ください。

最近の投稿

すべての事例一覧

情報をご提供ください

情報の充実や相互の研鑚を⽬指すため類似事例や追加訂正情報のご提供を常時募集しています。

なお、個々の事例に関するお問い合わせはサイト運営事務局では承れません。

お問い合わせ